売掛金の回収

売掛金を期日までにきちんと支払う事は、商売人であれば「当然の行為」です。その「当然の行為」を相手がきちんと行わない場合、こちらは「債権者」として、売掛金の回収という「債権回収」を行う事になります。

元々「債権」とは、「相手に対して一定の、当然の行為を求める権利」を指します。一般には「未払いの代金の支払いを求める事」という意味合いが強いですが、どの意味であれ売掛金の回収は「債権回収」です。相手は「債務者」、こちらは「債権者」です。債権者が「こちらには債権があるんだ」と主張するだけで債務者が支払いに応じてくれれば楽なのですが、現実はそう甘くありません。しかし債権者としては、なんとしてでも売掛金を回収したいところです。

もし売掛金を回収できなかったら、その取引における債権者の利益がゼロになるばかりか、収入もゼロです。そんな事があっては今後の事業にも大きな影響が出ます。相手の倒産による未回収という最悪の事態に陥ってしまう前に、速やかに回収しましょう。売掛金の回収は自力で行っても良いですが、できれば問題解決の専門家である弁護士に相談しておきたいですね。弁護士に相談しておけば、円満に解決できる、スピーディーに回収できるなどさまざまなメリットがあります。当サイトでは、売掛金を回収するにあたって、回収できなかった場合はどうなるのか、弁護士に相談するとどんなメリットがあるのかなどを具体的にご紹介します。売掛金回収に悩む方はぜひご参考ください。